あまりにも、あまりにも当たり前なのにわからなかった

JSON Web Tokenを使った認証みたいなものを実装したが、結局ボツになったので供養。

※記載の内容はDockerイメージ node:16-alpine から作成したコンテナ内で動作確認してます。他のOSだと鍵の作り方が違うかも。

[ Node.js v16.13.0 / jsonwebtoken@8.5.1 ]

以下の記事を読ませていただいて作った環境を参考に、タイトル通りの別の開発環境を作った時のメモ。

[ Windows 10 (64bit) / Ubuntu 20.04 LTS / PHP 7.2.24 / Node.js 14.18.0 / MariaDB 10.5 ]

放置してるリポジトリに触るたびに出てくるだろうから書いておく

エラー全文
remote: Support for password authentication was removed on August 13, 2021. Please use a personal access token instead.
remote: Please see https://github.blog/2020-12-15-token-authentication-requirements-for-git-operations/ for more information.
fatal: Authentication failed for 'https://github.com/napoporitataso/piyopiyo.git/'

GitLabのリポジトリをGitHubに引っ越しました。

[ Python 3.8.10 ]

コンテキスト+リデューサでReduxみたいなことばかりしてたら、コンテキストとリデューサ単体の使い方を忘れたので復讐する。今回はリデューサ。

[ react@17.0.2 / react-dom@17.0.9 ]

コンテキスト+リデューサでReduxみたいなことばかりしてたら、コンテキストとリデューサ単体の使い方を忘れたので復讐する。まずはコンテキスト。

[ react@17.0.2 / react-dom@17.0.9 ]

API GatewayからLambdaに渡ってくるペイロードの形式、V2だとどんなのか知りたかったけど、ぱっと探して見つかった公式ドキュメントのサンプルが微妙だったので自分で確認した

なんかいじりたい季節になってきた。