デバッグ用。スペース区切りの16進表記にする。

  1. 文字列→16進数の文字列
  2. TypedArray|Buffer →16進数の文字列

文字列→16進数の文字列

split() で配列にする → map() で各要素に charCodeAt(0) して数値 (UTF-16コード、0~65535) に変換 → 数値に toString(16) で16進表記の文字列に変換 → join() で結合。

文字列
const hexStr = 'ABCDかきくけ'.split('').map(v => v.charCodeAt(0).toString(16)).join(' ');

console.log(hexStr);
// -> 41 42 43 44 304b 304d 304f 3051

TypedArray|Buffer →16進数の文字列

reduce() で各要素を toString(16) しながら結合。

TypedArray
// Uint16Array生成
const uint16Array = Uint16Array.from('ABCDかきくけ'.split('').map(v => v.charCodeAt(0)));

// 16進数の文字列に変換
const hexStr = uint16Array.reduce((a, c) => a + (a === '' ? '' : ' ') + c.toString(16), '');

console.log(hexStr);
// -> 41 42 43 44 304b 304d 304f 3051

TypedArraymap だとうまくいかない。map で生成される配列自体が TypedArray だから、16進表記でA~Eが出現したときに結果がおかしくなる。