自分には初見で難しすぎたのでメモ。

  • 東京リージョン
  • 証明書はLet's Encrypt
  • ドメイン名はお名前ドットコムで取得

AWSの画面や内容は現時点のものです。よく変わるので注意。

  1. 最初に備考
  2. 手順1. ドメイン名を用意
  3. 手順2. Route 53にホストゾーン作成
  4. 手順3. SSL証明書を用意
  5. 手順4. Certificate ManagerにSSL証明書をインポート
  6. 手順5. API Gatewayでカスタムドメイン名を作成
  7. 手順6. Route 53にエイリアスのAレコード追加
  8. ドメイン名でAPIを叩いてみる

最初に備考

  • この記事では、APIのエンドポイントタイプはRegionalであること前提です。Lambdaの画面から作成したAPIのエンドポイントタイプが、デフォルトでRegionalだったからです。
  • APIのエンドポイントタイプは、API Gatewayコンソールのトップ画面でAPIごとの右上の歯車アイコンから変えられます。
  • いろいろと反映されるまでに待ち時間があります。時間に余裕があるときにやった方がいいです。

では始めます。

手順1. ドメイン名を用意

先にドメイン名を用意しておきます。この記事では、あらかじめ『お名前ドットコム』で買っていたものを使います。

手順2. Route 53にホストゾーン作成

API Gatewayにドメイン名を設定するには、API Gatewayの『カスタムドメイン名』機能を使います。カスタムドメイン名を設定するには、対象のドメインをAmazon Route 53でルーティングできるようにしておく必要があるみたいです。

まず、Route 53のコンソールの『Create Hosted Zone』からホストゾーンを作成します。『Create Hosted Zone』ボタンを押すと、↓のような入力欄が出てきます。

Create Hosted Zone
Create Hosted Zone

入力内容は以下の通りです。

  • Domain Name ...あらかじめ用意しておいたドメイン名を正しく入力。
  • Comment ... コメント。必要なら入力。
  • Type ... 『Public Hosted Zone』を選択。

下部の『Create』ボタンを押すと、ホストゾーンが作成されます。


作成されたホストゾーンには、デフォルトで NSSOA のレコードが登録されてます。

こんな感じ
こんな感じ

NSValue には、AWSのDNSサーバーが4つ分設定されてるはずです。この NS の値を、ドメインの管理画面 (ここではお名前ドットコム) からドメインのネームサーバーとして設定します。

お名前ドットコムだと↓こんな感じです。複数設定できたので、全部設定しました。

ネームサーバー設定
ネームサーバー設定

ネームサーバーの変更は、私の時は反映されるまでに数時間かかりました。

これが終わったら左メニューの『Hosted zones』からホストゾーン一覧に戻り、一覧右端の『Hosted Zone ID』をメモしておきます。後で使います。

手順3. SSL証明書を用意

API Gatewayのカスタムドメイン名の設定時には、必ずSSL証明書が必要みたいです。

この記事では、Let's Encryptで事前に作成しておいた証明書を使います。当ブログの以下の記事で作成した証明書をそのまま使いました。

次の手順で証明書の本文が必要になるので、Let's Encryptで作成された cert.pem / privkey.pem / chain.pem の3ファイルの場所を確認しておきます。

手順4. Certificate ManagerにSSL証明書をインポート

API Gatewayのカスタムドメイン名で使用できるようにするために、SSL証明書をAWS Certificate Managerにインポートします。この記事ではAPIのエンドポイントがRegionalなので、APIと同じリージョンでCertificate Managerを操作します。

Certificate Managerのコンソールを開き、『証明書のインポート』ボタンを探します。管理してる証明書が一つも無い場合、チュートリアルかウィザードみたいな画面が出てきますが、適当にボタンを押したらその中のどこかにあったと思います。

『証明書のインポート』ボタンを押すと、↓のような入力画面が出てきます。

証明書のインポート
証明書のインポート

入力内容は以下の通りです。

  • 証明書本文 ... cert.pem の中身をそのままコピペ。
  • 証明書のプライベートキー ... privkey.pem の中身をそのままコピペ。
  • 証明書チェーン ... chain.pem の中身をそのままコピペ。

コピペするときは全文をコピペします。-----BEGIN なんとか----- から -----END なんとか----- を含む全文です。

入力したら右下の『レビューとインポート』ボタンを押します。正しく入力できていれば、証明書をインポートできるはずです。

手順5. API Gatewayでカスタムドメイン名を作成

API Gatewayのコンソールのトップ画面で、左メニューの『カスタムドメイン名』からカスタムドメイン名の画面を開きます。

『カスタムドメイン名の作成』ボタンを押すと、↓のような入力欄が出てきます。

カスタムドメイン名の作成
カスタムドメイン名の作成

入力内容は以下の通りです。

  • HTTP or WebSocket ... 作成したAPIに合わせる。この記事ではHTTPS。
  • ドメイン名 ... ドメイン名を正しく入力。証明書を作成したドメイン名と必ず合わせる。
  • エンドポイントの設定 ... APIのエンドポイントタイプに合わせる。ここではRegional。
  • ACM証明書 ... 先程インポートした証明書を選択する。(us-east-1 のみ) とありますが、たぶんそれはエッジ最適化の場合だけです。Regionalなら気にしなくてOKです。

入力したら下部の『保存』を押して保存します。保存すると↓のように『ターゲットドメイン名』『ホストゾーンID』が表示されます。

画像はイメージです
画像はイメージです

この時、初めて使うACM証明書だと初期化処理が始まりますが、私のところでは数十分かかりました。


カスタムドメイン名を作成したら、下部の『編集』からベースパスマッピングを入力して、カスタムドメイン名とAPIとそのステージを紐づけます。

例えばパスに『api』を入力した場合、API内のパスが /user/update ならば、実際のURLは https://ドメイン名/api/user/update になります。

以下のサイト様が詳しく解説されてらしたので、読んでみてください。

手順6. Route 53にエイリアスのAレコード追加

最後です。Route 53を使って、ドメイン名の向き先をAPI Gatewayに変更します。

やることはエイリアスのAレコードを作成するだけなのですが、ここだけはコンソール (画面) からだと無理なので、AWS CLIを使う必要があります。

※正確には画面からAレコードを作ること自体はできるのですが、それだと任意のホストゾーンIDを設定することができず、API Gatewayのカスタムドメイン名と結び付けられないみたいです。

まず、AWS CLIのコマンドでRoute 53にAレコードを作成するために、リクエスト内容を書いたjsonファイルを作成します。内容は以下の通りです。

sample.json
{
  "Changes": [
    {
      "Action": "CREATE",
      "ResourceRecordSet": {
        "Name": "用意したドメイン名",
        "Type": "A",
        "AliasTarget": {
          "DNSName": "カスタムドメイン名のターゲットドメイン名",
          "HostedZoneId": "カスタムドメイン名のホストゾーンID",
          "EvaluateTargetHealth": false
        }
      }
    }
  ]
}

次にこのjsonファイルをパラメータにして、以下のコマンドを実行します。

※なお、Windowsだとコマンド実行時に 'ascii' codec can't encode characters in position 71-75: ordinal not in range(128) と言われて面倒くさくなったので、ここだけAmazon Linuxから行いました。

aws route53 change-resource-record-sets --hosted-zone-id 手順2でメモしておいたホストゾーンID --change-batch file:///path/to/sample.json

『ホストゾーンID』が二つ出てきてややこしいのですが、jsonファイルに書くホストゾーンIDは『カスタムドメイン名の画面に表示されてるホストゾーンID』、コマンドの hosted-zone-id オプションに指定するホストゾーンIDは『Route 53で作成したホストゾーンのホストゾーンID』です。

この項の内容は公式の以下ページにも載ってるので、ピンとこなかったら見てみてください。

コマンド実行時に Error parsing parameter '--change-batch': Expected: '=', received: 'EOF' for input エラーが出た場合は、たぶんファイルのパスを間違えてます。ファイルパスは file:// で指定しないとダメみたいです。

コマンド成功すれば、"Status": "PENDING" とか書かれたレスポンスが返ってくるはずです。

ドメイン名でAPIを叩いてみる

めげずに全部設定したら、curl などでドメイン名のURLでAPIを叩いてみます。

  • レスポンスが全く無かったら、まだRoute 53の設定が反映されてないと思います。一晩くらい置くと解決しました。
  • SSLエラーが発生したら、『証明書を取得したドメイン名』と『Route 53にAレコード作成したドメイン名』および『カスタムドメイン名に設定したドメイン名』が同じになっているか確認します。勝手にサブドメイン名とか付けちゃだめです。(やらかした)

API Gatewayっぽいレスポンスが返ってきたら、ちゃんと設定できてます。

以上です。難しかった。

他に参考にさせていただいた記事