[ Node.js v10.15.3 / eslint v6.1.0 / dbaeumer.vscode-eslint 1.9.0 ]

  1. とりあえず出力を見る
  2. node_modulesにパスが通ってないかも
  3. ワークスペースのフォルダ構成が特殊?

とりあえず出力を見る

ESLintが動いてはいるけど、エラーが出てて文法チェックまで行けてないのかも。以下手順でESLintの出力を見られる。

  1. VSCodeの出力パネルを開く (Ctrl+Shift+U)
  2. 右上のプルダウンから『ESLint』を選択する

.eslintrc.json の書き方がおかしいとかなら、ここにエラーが表示されてるので対処する。例えば以下は、単純にESLintをインストールしてない場所でJavaScriptファイルを開いた時に出たエラー。

Failed to load the ESLint library
Failed to load the ESLint library

なお、本当にエラーが出てる場合、ステータスバーの右下に『⚠ESLint』と表示される。これをクリックすることでも、出力パネルを開くことができる。

node_modulesにパスが通ってないかも

開発環境の関係で、たまたまグローバルの node_modules にパスが通ってない状態で eslint をグローバルインストールして使おうとしたら、動かなかったということがあった。そりゃそうだ。

この場合、VSCodeの settings.json (またはワークスペース内・フォルダ内の設定ファイル) に eslint.nodePath を設定する。

settings.json (抜粋)
	"eslint.nodePath": "C:\\path\\to\\global\\node_modules"

これをすると、ワークスペースのフォルダ内にESLintが見つからない場合、これで動くようになるらしい。

ワークスペースのフォルダ構成が特殊?

こういう↓フォルダ構成で、VSCodeのワークスペースに root フォルダを追加して作業しようとしたらclient 以下のソースコードでESLintが Failed to load plugin 'react' declared in 'client\.eslintrc.json': Cannot find module 'eslint-plugin-react' エラーを吐いて動かなかったということがあった。

  /root
    ├ server
    └ client
        ├ node_modules/
        │  ├ eslint/...
        │  └ eslint-plugin-react/...
        └ .eslintrc.json

また、ESLint自体はグローバルじゃなくて、clientserver 内でそれぞれインストールしてた。

この場合、解決方法は2つあった。

ひとつは、ワークスペースに root じゃなくて serverclient を分けてフォルダ追加すること。デフォルトだとVSCodeのESLintプラグインは、ワークスペース内のフォルダ直下に node_modules がある前提で動くから。でもこれはワークスペースが散らかるから微妙。

もうひとつは、settings.json (またはワークスペース内・フォルダ内の設定ファイル) に eslint.workingDirectories を追加すること。これは普通にマニュアルに書いてあった。こっちの方が綺麗だと思う。

settings.json (抜粋)
	"eslint.workingDirectories": [
		"./client", "./server"
	]

念のため、この時の .eslintrc.json の内容は以下の通り。

.eslintrc.json
{
    "env": {
        "browser": true,
        "es6": true
    },
    "extends": ["eslint:recommended", "plugin:react/recommended"],
    "globals": {
        "Atomics": "readonly",
        "SharedArrayBuffer": "readonly"
    },
    "parserOptions": {
        "ecmaFeatures": {
            "jsx": true
        },
        "ecmaVersion": 2018,
        "sourceType": "module"
    },
    "plugins": [
        "react"
    ],
    "rules": {
        "no-console": "off",
        "react/no-set-state": "error",
        "react/prop-types": 0,
        "semi": ["error", "always"]
    }
}