Linux | |

curlコマンドのメモ

自分用。適当に追記。

  1. 普通にGET
  2. オレオレ証明書でHTTPS化されてるURLをGET
  3. Basic認証つきページをGET
  4. プロキシ挿してGET
  5. Basic認証つきプロキシ挿してGET
  6. オレオレ証明書のHTTPSプロキシ挿してGET
  7. フォームデータつけてPOST
  8. JSONつけてPOST
  9. リクエストヘッダ複数つける
  10. レスポンスヘッダも表示
  11. レスポンスヘッダだけ表示

普通にGET

curl https://example.com

オレオレ証明書でHTTPS化されてるURLをGET

curl --insecure https://example.com

Basic認証つきページをGET

curl https://user:password@example.com
-u でもできる (小文字!)
curl -u user:password https://example.com

プロキシ挿してGET

curl -x http://myproxy.com:8080 https://example.com

Basic認証つきプロキシ挿してGET

curl -x http://proxyuser:@proxypassword@myproxy.com:8080 https://example.com
-U でもできる (大文字!)
curl -x http://myproxy.com:8080 -U proxyuser:proxypassword https://example.com

オレオレ証明書のHTTPSプロキシ挿してGET

curl --proxy-insecure -x https://myhttpsproxy.com:8080 https://example.com

※Windowsの curl だとHTTPSプロキシはそもそもエラー出て無理

curl: (4) Unsupported proxy 'https://myhttpsproxy.com:8080', libcurl is built without the HTTPS-proxy support.

フォームデータつけてPOST

curl -X POST -H "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded" -d "key1=value1&key2=value2" https://example.com

JSONつけてPOST

curl -X POST -H "Content-Type: application/json" -d "{\"key1\":\"value1\",\"key2\":\"value2\"}" https://example.com

リクエストヘッダ複数つける

-H を複数回書く

curl -X POST -H "Hoge-Hoge: hoge" -H "Piyo-Piyo: piyo" https://example.com

レスポンスヘッダも表示

curl -i https://example.com

レスポンスヘッダだけ表示

curl -I https://example.com